2007年07月06日

インターネットでファイル共有!

インターネットファイル共有する理由は何でしょうか?それによってソリューションが異なってきます
スポンサード リンク
普通、ファイル共有といえば、企業内のクライアントPCでファイル共有設定をしたり、ファイルサーバでデータを共有したりというのが一般的です。
そしてインターネットを通してファイル共有することは、企業としてはセキュリティを十分に確保する必要があるため、ほとんどされていないのが現実です。
しかし、あるプロジェクトを別会社とやりとりするときや、膨大なデータを外部組織とやりとりするとき、インターネット経由でのファイル共有の必要性が出てきます。

個人レベルではどうでしょうか。一家の中でファイル共有するというよりは、無限に個人ユーザーがいるインターネット上でファイル共有したいという欲求は、むしろ企業よりも強いかもしれません。
この場合、インターネットファイル共有というより、Winnyに代表される「ファイル交換」という名称が一般的になっていると思われます。

ファイル交換ソフトによるインターネットファイル共有
Winny、Napstar、Shareなど、ファイル交換(ファイル共有)ソフトは沢山あります。
これらのソフトはインターネット上にある個々のPCが持っている資源、つまりファイルを共有でき、もの凄い情報量の中からほしい情報を引き出せることが大きな魅力です。また匿名性があることが利用者の激増に拍車を掛けています。

しかし、匿名性があるところに悪意の第三者は暗躍します。必要なファイルになりすましてウイルスをダウンロードさせ、PC内の個人情報をインターネット上に流出させたり、PCを破壊したりと、その被害は絶えません。
実際、ファイル交換(ファイル共有)ソフトの影響により、自衛隊、警察などでも機密情報や個人情報がインターネット上に流出する事件が無くならないのはご存じだと思います。
また、PCに被害が無いとしても、著作権違反の可能性は利用者全てに疑いが掛けられる可能性があります。

これらのソフトウエアに興味がある方は「ファイル交換ソフト」で検索をかけると沢山出てきますので、そちらを参照してください。

知っている者の間でインターネット上のファイル共有をする場合

インターネットファイル共有する実現方法は、自分のクライアントPCに作った共有フォルダにインターネットからアクセスする、という方法ではありません。これは技術的にどうこうではなく、危険すぎます。
実際の方法はオンラインストレージを利用するのが現実的であり、安全です
オンラインストレージとはインターネット上のファイルサーバです。これを介してファイル共有することで、メールでは送れないような大容量のファイル共有も実現できます。

オンラインストレージには無料サービス、有料サービスがあります。もちろん有料サービスがデータ容量もセキュリティ対策もいいと思いますが、無料のものでもデータ容量の条件さえ折り合えば充分安全に使えると思います。
無料のファイル共有ツールとして代表的なものは「Yahoo!ブリーフケース」です
これは、手軽に使えるファイル共通ツールで、ヤフーIDさえ取得すれば自由に利用できます。保存容量は最大30MBまで。設定によって他のユーザーにファイルを公開できますが、ヤフーIDを共有するのがもっとも手軽な方法だと思います。ヤフーIDそのものは簡単に作れますので、試す価値は充分です。

他にはデジタルトランクサービス(http://www.digitaltrunk.net/)があります。これは個人向け、グループ向け、ビジネス向けとメニューをわけています。個人向けは10MBまで無料で使えます。このサイトのテーマである「ファイル共有」についてはグループ向けになりますが、これは基本的に有料となります。

有料でインターネットファイル共有したい場合、様々な企業でサービスを提供しています
有名どころだと、一太郎でお馴染みのジャストシステムやNTTコミュニケーションズ、KDDIでも。
手軽な方はジャストシステムのインターネットディスク(http://www.idisk-just.com/)です。容量が100MBからメニューがあり、月額300円から利用できます。

一方NTTComのファイル共有サービス「ShereStage」(http://www.sharestage.com/)は大容量ユーザ向けです。容量のメニューは1GBから。月額利用料は15,000円からとなっています。本当にヘビーなデータ量や、共有する人数がものすごく多い場合に適当なサービスといえるでしょう。

KDDIのファイル共有サービス「KDDIセキュアシェア」(http://www.kddi.com/business/growing/service/secureshare.html?cid=41167)は両者の真ん中の設定です。
メニューは500MBからで、料金は8000円となります。上限は100GB、80万円とかなり幅が広いです。

インターネットファイル共有サービス、オンラインストレージASPサービスは次々と出てきています。
自分が求めるサービスを料金、セキュリティ、データ容量、使いやすさ等で比較し、最適なサービスを発掘してみてください。

posted by インターネットでファイル共有! at 07:28| ファイル共有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。